Topics

新着情報

​ホーム > 新着情報

投資;持続可能な社会実現の為に

更新日:2021年12月10日


PCで株価の確認

株式会社 Green Guardianは持続可能な社会実現の為のこころみを実践している企業/将来性のある企業への投資を開始致しました。

投資対象は、特に気候危機の緩和・適応策に大きく寄与すると推測される事業を有しており、実践している企業を想定しています。

SDGs目標達成は自社のみで実現出来るものではなく、世界中の実践者と協力する必要があります。

当社の「見える化手法」を活用しつつ、本当に社会の為になると判断した企業への投資を長期的に行うことで微力ではありますが当該企業の経営の安定化とSDGs目標の達成を目指したく存じます。



関連SDGs指標

8:働き甲斐も経済成長も

9:産業と技術革新の基盤をつくろう

10:人や国の不平等をなくそう

13:気候変動に具体的な対策を

17:パートナーシップで目標を達成しよう


最新記事

すべて表示

こんにちは。昨日、畑で育てているニンニクの下処理をしたのですが、めちゃくちゃ大変ですね。 全農家さんを尊敬する今日この頃です。 さてタイトルにもある通り、最近「東証プライム市場と企業の情報開示」について調べています。 今年の4月に東証市場が再編され、その中の東証プライム市場に属している企業には、気候変動によるリスク情報の開示が義務付けられるようになりました。 そもそも東証の市場はどのようにして区分

暑い日が続くようになってきましたね。 今日は、令和4年3月に総務省から出された「令和3年度地域おこし協力隊の隊員数等について」から、内容を抜粋して皆さんにお伝えしていきたいと思います。 ◇隊員数 まず、令和3年度時点の地域おこし協力隊の数は、6,015名、受け入れ自治体数は1,085団体でした。 平成21年度時点では、隊員数89人、受け入れ団体数31団体だったので、この10年ほどで、隊員数も受け入