Topics

新着情報

​ホーム > 新着情報

クラウドファンディング達成おめでとうございます!


表題にもある通り、見事チャレンジを達成されました!おめでとうございます!

このチャレンジは、静岡県熱海市で活動する株式会社 未来創造部(代表:枝廣淳子)さんが実施したもので2021年11/2から12/15までの期間で267人が支援し、目標額を超える5,130,277円を獲得されました。


詳細:【豊かな海を取り戻す】温暖化を止めるブルーカーボンの取り組みを熱海から広げたい! - CAMPFIRE (キャンプファイヤー) (camp-fire.jp)


公約にあったwebサイト構築は既に立ち上げられており、様々な情報を提供すべく活動を実施されています。(ブルーカーボン.jp (bluecarbon.jp))このサイトでは、下記の情報が得られます。

1.ブルーカーボン・ネットワークの構築

2.次世代へ豊かな海をつなぐ取り組み

3.情報発信・情報共有の場づくり

4.シンポジウム・セミナー、現地見学会の開催


当社としては、熱海のブルーカーボンは気候変動と漁業、観光や環境教育、地域経済などを包括して活動していくという点にこれまでにない新しさを感じました。是非実践して頂き、その知見を全国に広めて頂ければSDGsの達成に近づくと考えています。まだまだ始まったばかりのプロジェクトですので、単年度で終わることなく、引き続き、支援させて頂ければと思います。今後の活動に期待です!








最新記事

すべて表示

こんにちは。昨日、畑で育てているニンニクの下処理をしたのですが、めちゃくちゃ大変ですね。 全農家さんを尊敬する今日この頃です。 さてタイトルにもある通り、最近「東証プライム市場と企業の情報開示」について調べています。 今年の4月に東証市場が再編され、その中の東証プライム市場に属している企業には、気候変動によるリスク情報の開示が義務付けられるようになりました。 そもそも東証の市場はどのようにして区分

暑い日が続くようになってきましたね。 今日は、令和4年3月に総務省から出された「令和3年度地域おこし協力隊の隊員数等について」から、内容を抜粋して皆さんにお伝えしていきたいと思います。 ◇隊員数 まず、令和3年度時点の地域おこし協力隊の数は、6,015名、受け入れ自治体数は1,085団体でした。 平成21年度時点では、隊員数89人、受け入れ団体数31団体だったので、この10年ほどで、隊員数も受け入