Topics

新着情報

​ホーム > 新着情報

地域住民の方とのふれあい

更新日:2021年12月10日


苗木を植える

早いもので神奈川県から茨城県に移転して、もう少しで1年が経ちます。

東京へのアクセスは少しだけ悪くなりましたが、Zoomやskypeでの打ち合わせが多くなったお陰で業務に支障は全くありません。新型コロナウィルスの影響もあり当社だけでなく、全国的にテレワークが推進されているのだと実感します。

一方で、地域の方々とのふれあいが増えてきました。

住宅地区に会社があることもあり、お子さんがいるご家庭も多いようです。

神奈川県にいた頃とは異なり、今では土地を所有しているので空いている土地を開拓して畑にしようと考えました。

畑の土地は50m2程度とそこまで広くはないですが、さつまいもなどを植えて子供たちに喜んでもらおうと思います。農業は初めてで畑にする土地も瘦せた土地ですが、さつまいもは比較的瘦せた土地でも育つと言われていますので、おそらく大丈夫でしょう。

当日、耕運機の力を借りて土地を掘削しますが、信じられない量の石が出てきました。

石を皆で協力して取り除いて、畝づくりをして、苗を植える。

最後まで出来れば良かったですが、表面的な石の除去までで日が暮れてしまいました。

出来なかった作業は何日かに分けて進めていこうと思います。

枯れてしまう恐れがあったので、苗は一時的に植えて後日移植します。

参加した大人たちも子供たちに勉強以外にも色々な体験をさせたいと考えているようです。

次は地域の皆さんと収穫祭ができるようにしっかり畑全体を管理しつつ、さつまいも達を育てていきます。

引き続き、どうぞ宜しくお願い致します。


関連SDGs指標

2:飢餓をゼロに

4:質の高い教育をみんなに

8:働き甲斐も経済成長も

11:住み続けられるまちづくりを

12:つくる責任 つかう責任

15:陸の豊かさも守ろう

17:パートナーシップで目標を達成しよう

最新記事

すべて表示

こんにちは。昨日、畑で育てているニンニクの下処理をしたのですが、めちゃくちゃ大変ですね。 全農家さんを尊敬する今日この頃です。 さてタイトルにもある通り、最近「東証プライム市場と企業の情報開示」について調べています。 今年の4月に東証市場が再編され、その中の東証プライム市場に属している企業には、気候変動によるリスク情報の開示が義務付けられるようになりました。 そもそも東証の市場はどのようにして区分

暑い日が続くようになってきましたね。 今日は、令和4年3月に総務省から出された「令和3年度地域おこし協力隊の隊員数等について」から、内容を抜粋して皆さんにお伝えしていきたいと思います。 ◇隊員数 まず、令和3年度時点の地域おこし協力隊の数は、6,015名、受け入れ自治体数は1,085団体でした。 平成21年度時点では、隊員数89人、受け入れ団体数31団体だったので、この10年ほどで、隊員数も受け入