Topics

新着情報

​ホーム > 新着情報

三陸新報にまちづくりのお手伝いをしている気仙沼市の記事が掲載されました

当社が開発した産業連関表及び対話型地域経済分析モデル(; IREAM)が宮城県気仙沼市主催の事業者向けワークショップ(1月12日)にて活用されました。ワークショップは地域のこれからを担う若手事業者や市長・副市長はじめ市議会議員やプレス関係者など多くの方に参加頂きました。ファシリテーターはパートナー企業である有限会社イーズの枝廣淳子さんが務め、当社代表の小野も産業連関表やIREAMに関する講演を行いました。

参加者からは前向きな意見が多く、データと地元感覚を基に自分たちの事業をより発展すると共に気仙沼市を盛り上げていく為の打ち手についても話し合われました。IREAMについても分かりやすさや簡単な操作性、「こういうデータをみれないか?」などのフィードバックを頂きました。開発側としても大変励みになり、今後の開発の参考にさせて頂きます。ありがとうございました。

なお、既に商工関係者からIREAMの問い合わせが入っており、事業(打ち手)に活用されている模様です。

ワークショップは2月と3月にも実施され、具体的な打ち手につなげていきます。


三陸新報 2022.01.16


最新記事

すべて表示

こんにちは。昨日、畑で育てているニンニクの下処理をしたのですが、めちゃくちゃ大変ですね。 全農家さんを尊敬する今日この頃です。 さてタイトルにもある通り、最近「東証プライム市場と企業の情報開示」について調べています。 今年の4月に東証市場が再編され、その中の東証プライム市場に属している企業には、気候変動によるリスク情報の開示が義務付けられるようになりました。 そもそも東証の市場はどのようにして区分

暑い日が続くようになってきましたね。 今日は、令和4年3月に総務省から出された「令和3年度地域おこし協力隊の隊員数等について」から、内容を抜粋して皆さんにお伝えしていきたいと思います。 ◇隊員数 まず、令和3年度時点の地域おこし協力隊の数は、6,015名、受け入れ自治体数は1,085団体でした。 平成21年度時点では、隊員数89人、受け入れ団体数31団体だったので、この10年ほどで、隊員数も受け入